奄美の島唄

しゅんかね節

 この歌を島歌の代表的名曲だという人がいく人もいる。たしかに、いつ聞いてもいい曲で、私もそれに異を唱える者ではない。しかし、島歌の研究が進むにつれ「しゅんかね節」はどうも、ヤマト流れのはやり歌が原曲かも知れないという結論となってきた。
 その理由を三つばかりあげてみよう。
 第一は、この歌につきもののハヤシ詞「ササシュンカネクヮ」というのが、本土で安永以降、大正年間に至るまで、何度かにわたって流行をくりかえした「ションガイ節」と関係あるのではないかということである。この「ションガイ」の意味は、一般に「しようがない」の意にとらわれているが、「ションガイ」から「シュンカネ」への転化は、全く考えられないことではないであろう。
 次の理由として「ションガエ」系統の歌が、奄美だけでなく、沖縄へも流れ込んでいるという事実である。そこでは「シュンガネー」とか「ションガネー」といわれ、うたわれる歌詞は奄美同様、8886の琉歌調のものであるが「サーサーシュンガン スリシュンガネ」といったハヤシ詞は、奄美の「しゅんかね節」との近さを感じさせよう。
 最後に問題としたいのは、この歌の打ち出しの歌詞である。
○しゅんかねぐゎぬ節や (わが)くなちうかば 三味線持ちいもれ つけてうぇせろ
 (シュンカネ節は私がこなしておきますから、三味線を持っていらっしゃい。私が歌を付けてさしあげましようから。)

※福島

 このように歌詞の中に、節名として出てきているということである。このような例は、「ドンドン節、やまとぬはやりな〜」ではじまる「ドンドン節」や、「ちっくんてな節や、投げばどきょらさ〜」をもと歌とする「ちくてんぐゎ節」等にみられるが、いずれも外来系の歌(前者は本土から、後者は沖縄から)であることが、明らかなのである。「しゅんかね節」の場合も、そのように考えることができる。
 以上のように「しゅんかね節」=本土移入歌説は、信憑性高いものとなったが、といって島歌としての「しゅんかね節」の価値には全く係わらないことだと思う。これだけ見事な歌に育てあげたのは誰でもない。シマジマのウタシャだからである。

<参考>
 この歌のうたわれ方。 /~しゅんかねぐゎぬヨーイふしやィ
 わがくぬちうかば
 さむしェんぐゎヨイむちうもれェ
 つけてうェせろ サァサァイシュンカネグヮィ
 (サァサァィ シュンカネグヮィ)
 さむしェんぐゎヨイむちうもれィ
 つけてうェせろ サァサァイシュンカネグヮィ

 この歌では三味線をうたった歌詞がよく用いられる。例えば次のようなもの。

○三味線ぐゎぬ(くま)や (つる)冠めて立ちゅり (わぬ)や加那偲で 道に立ちゅる
 (三味線の駒はツルに支えられて立っている。私は恋人を偲んで、こうして道に立っている。)

※同
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-07 (水) 14:26:22 (3187d)